Yoga YUYU, 小さな王様と私                                    豊中⇄Vancouver編

7歳の日本カナダ人YUYUの母で、ヨガインストラクター。アホでも失敗だらけでも何とかなってるから大丈夫♪そんな毎日の暮らしを書いてます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもを育てること

こんにちは!

今日は朝からYUYUが通っていた英語の教室へお話に伺ってきました。

そう、YUYUは今月より英語をお休みしています。

1才からずっと続けてきたのですが、モチベーションが上がらず、楽しくない、何で英語を勉強しないといけないの?という具合で。。

やめる、と言われた時、ギョギョっと思いました。私が感じたことは「困る!」だったの。

でも、待てよ!「困る」はおかしくないか?と思ったのです。

突然、YUYUに私達家族の問題を押し付けているんじゃないか?という疑問がわいてきました。

相方とYUYUがコミュニケーションを取るには、私と相方の基準で考えるとYUYUが英語を話せると一番良いように思う。

でも、ずっと日本で大半の時を日本人のコミュニティでだけで暮らしている小さなYUYUにしたら、英語がやりたくないことになっても仕方ないのでは、と思いました。

相方に今月からとりあえず英語は本人がやりたくないからお休みする、と伝えたら大変ショックを受けていました。

でも、私達が親としてYUYUの幸せを一番に考えるなら、歩み寄るべきなのはうちらの方ではないかと私は思うのです。

ってことで、私は相方に少し日本語を勉強していただいて、自らの力でYUYUに「お父さんともっと話したい!」と思ってもらえるようになってほしい、というのが本音です。

相方が私の意見を聞きたいかどうか知りませんが、これがYUYUと相方がもっと繋がる良いきっかけになれば良いと思う私です。

今日、先生ご夫婦と話をしていて、先生方の子どもに対する責任や愛情を強く感じました。

YUYUだけでなく、私の面倒まで見ていただいて本当にありがたい限りです。YUYUがモチベーションを持ってまた自分の意志で復帰出来たら、というのも私の願いです。

押し付けず、見守って、YUYUが自分で自分の行きたい道を選ぶ。

私はサポーターです。親って大変だしくじけそうになるけど、本当にやりがいがある。

YUYU、本当に私をお母さんに選んでくれてありがとう☆

そんな風に思った今日でした。

全然関係ないけど、千里中央の工事中の橋にある癒し系フェンス。



あまりにも好みなのでアップ

それでは、今日も素敵な夜を☆
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

tajami

Author:tajami
生まれも育ちも大阪豊中。7歳の日本カナダ人の息子YUYUと有り難いことに住み慣れた実家暮らし。'08年念願のヨガインストラクターに転職し、みなさんのおかげで毎日平和に暮らしています♪

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。