Yoga YUYU, 小さな王様と私                                    豊中⇄Vancouver編

7歳の日本カナダ人YUYUの母で、ヨガインストラクター。アホでも失敗だらけでも何とかなってるから大丈夫♪そんな毎日の暮らしを書いてます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡ナメんじゃないよ(長話です)

こんばんは☆

超眠いけど、今日は先日「すべては完璧」とひとり感動していた嬉しい事件に
続きが起きたので書きます。

私が進みたい道についてのこと。

少し前になるけど、私は某社が主催するアヌサラヨガのトレーニングその1に参加したかった。
けれど日程や金銭的な問題がどうしても解決しなくて参加出来なかった。

すっごくやる気満々だったというのに。。

だけど、きっと時期じゃないんだろう、って泣きはしたけど諦めた。

某社では、1~3のトレーニングを、1、2、3と別々に開催され、当然1つずつに
参加費が発生。とても高いの。。(たしか全部で60万ぐらい)しかも、3が大阪で
開催されることは今のところなくて、5日間カンヅメのトレーニングに東京へ行く、
というのはYUYUがいる私にはそれはやりたくないことになる。

だから長い目で見れば1つずつトレーニングに申し込むことは私には合っていないこと
だった。でも参加したすぎてそこまで見ていなかった、と同時に1を受ける準備は
出来ていても、2、3と続けていくのが果たして自分がやりたいことなのかも定かでは
なかった。

これも前の話になるけど、ともこ先生がマーク先生が1~3を1期1期の間に課題を出して、
というやり方で3期セットのコースを京都で開催するよ、という話を教えて下さった。
だけど、その時はさっきも書いたように1~3を受ける準備が出来ていなくて、費用も
35万円以上やはりかかった。

それから参加出来なかったこととか、色々すべて受け容れて、それから今後の私のやりたい
ヨガについてずっと考えてきた。だけどなかなか何が自分にとってベストなのか、なかなか
心からやりたいことが見えない状況が続いた。

先日相方が来た時に、こんなトレーニングがあるんだけど、まだ私はそれに対して準備が
出来ているか分からなくて、それを今考えている、という話をしたら、
「準備が出来たら言いなさい。tajamiがヨガのコースを受ける費用はインベストしたいから」
と言ってくれた。

ありがたいなあ、と思ったけれど、大好きなともこ先生のクラスにもなかなか参加する
タイミングがなく、春に予定されていた創始者ジョンフレンド先生のワークショップも
地震のために中止になってしまい、なんかアヌサラから少し離れる日々が続いて、ますます
アヌサラには呼ばれていないような気がしていた。

でも、だんだんと呼ばれてなくてもなんでも私はアヌサラがしたくてしたくてたまらなく
なってきた。大好きなともこ先生のクラスは無理でも、マーク先生のクラスは夏休み、
ヨガサークルがお休みになるので参加出来る!とブログにもいっぱい書いたけど、マーク先生の
クラスに8月3回行くことが出来た。

アヌサラはやっぱりすごく楽しくて、自分の出来ていないところをいっぱい発見するんだけど、
なぜか私にはそれがすごく嬉しいことのように思えるの。「ああ、まだまだ気づきがいっぱい
ある!」とワクワクするの。決して先生と自分の差に悲しくなったりしない。
なんかアヌサラをやることによって、自分のまだあるのびしろを感じることが出来る、と
いう感じ。私の目覚めてなかったところがどんどん目覚めていく、という不思議な感覚。

1回目のマーク先生に行った時に、「ああ、やっぱりこのヨガが勉強したい!」って心から
思った。マーク先生のコースがまたもし来年開催されるなら絶対受けよう!って、何の予定も
考えずにその時なぜかあっさり決めた。

そうして、今週はママヨガがあるし、来週からはサークルが復活なので先生のクラスに
続けて行けるのは先週が最後だったのだけど、その時に先生から「来年も1~3のコースを
やります」と聞かされて案内をもらったら、なんと費用も25万円と安くなっていたの!

で、先日書いたように、1にあの時参加出来なかったことには意味があった、と嬉しく
なった。なんかそういう風になることが決まっていた、というような気がした。

マーク先生のコースを申し込むには、まず25000円のディポジットが必要。今すぐに
申し込んでしまいたいけど、まだ相方にインベストのお伺いも立ててないし、予定が
立つかも分からないし、、、と頭が先に動いてブレーキがちょっとかかってしまった。

そうしたら、先日妹の友人に頼んでいた金のネックレスが売れた、と。それを頼んで
いたことも忘れていたの。

その金額が驚くことに、

30000円。

この金額を聞いたとき、さぶイボが立った!

今すぐ申し込みなさい。

ってことやね、と思ったら嬉しくて顔がにやけて仕方なかった。
母もネックレスが売れたので、「寿司行こう!」と行ってきましたが、
「ごめんやけど行けない。このお金は申込金として使うわ!」とその場で家族にも宣言した。

自分が心底やりたい、って思って、その自分の思いを信じられる時がきたらちゃんと
味方してもらえる、ということが分かった。

奇跡ナメんじゃないよ!
By エンポリオイワンコフ

ああ、嬉しすぎて、全てのものにありがとう☆という気分。
大げさだけど、私は奇跡な後押しを感じた。

良い夢見ます。おやすみなさい☆


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊中情報へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

tajami

Author:tajami
生まれも育ちも大阪豊中。7歳の日本カナダ人の息子YUYUと有り難いことに住み慣れた実家暮らし。'08年念願のヨガインストラクターに転職し、みなさんのおかげで毎日平和に暮らしています♪

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。