Yoga YUYU, 小さな王様と私                                    豊中⇄Vancouver編

7歳の日本カナダ人YUYUの母で、ヨガインストラクター。アホでも失敗だらけでも何とかなってるから大丈夫♪そんな毎日の暮らしを書いてます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり会話

こんばんは。

すでにYUYUと一寝入りしてなぜか起きました。
で、そのまままた寝ようと思ったけど、ペティギュアをしないといけないことに
気付いたので、乾くまでダラダラ。。

最近、ますますキモイですが、歩いている時など自分と会話してます。

結構やってるのが、傷ついた自分の話を聞いてあげること。

って、書くと変なんですけどね、感情をためると良くないし、何しろやっとハートを
開く感覚をつかめてきたのに、ためると閉じるやん!ってそれだけの理由でやってます。
閉じてると、あの次々楽しいことが繋がっていくのがなくなるのよ!

大体、傷ついた、、、というのは勝手な言い分です、私の場合。
しょーもないことでショックを受けたり、人が言ったことを違うようにとらえたり、まあ
誰でもすることですが、それをいちいちね聞いてあげます。ただ聞くだけです。

ああ、そうなの、それは悲しかったね。と聞いてあげます。「だけど、それってさ、、、」
などと意見はしません。ただ優しく聞いてあげるのです。

これがなかなか良い♪

前は、「いや、だってさ、そんなことでいちいち言うのがおかしい」とかって、完全に
思いを否定したり、無理矢理「今日も何の問題もないわ!」という態度を取ったり、
大人ぶってみたりしていたから、そりゃハートも開かんわ、ってことで、素直に生きる
ことに決めたのです。

聞いてあげると落ち着くしね。そしたら、私はこれで良いんだって思えるから、日々
こんなんでも前に進めます。

ただ、キモイです(ブブ)。

今日、昔あったグリーングリーンって歌がなんかで流れてたけど、

「辛く悲しい時にも ラララ 泣くんじゃない と」

あれ、私はおすすめしません、って話です。

昭和生まれだから、ずっとそういうのんを美徳としてきたけど、それがエライ自分を
窮屈にしてきたと最近思います。泣きたい時は、泣くのが一番♪だと思います。

ああ、そうさ、格好悪いさ!

それで良いのです。ひっくるめて愛します、自分を。
そしたら人のそういうところも愛せます。傷つくのが恐くなくなります。
そんな気がします。

ま、またもや実験中の話です。

では、今週も素敵に行きましょう♪
おやすみなさい☆


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊中情報へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

tajami

Author:tajami
生まれも育ちも大阪豊中。7歳の日本カナダ人の息子YUYUと有り難いことに住み慣れた実家暮らし。'08年念願のヨガインストラクターに転職し、みなさんのおかげで毎日平和に暮らしています♪

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。