Yoga YUYU, 小さな王様と私                                    豊中⇄Vancouver編

7歳の日本カナダ人YUYUの母で、ヨガインストラクター。アホでも失敗だらけでも何とかなってるから大丈夫♪そんな毎日の暮らしを書いてます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せは見えないけれど

こんばんは。

またもや、素敵な本に偶然出会いました。

「幸せは見えないけれど」

ホーマー

恋人と別れて友達の家に居候しているグウェン(まさにこの本の作者)が、2匹も
すでに猫を飼っているのだけど、目を失った生後4週間の子猫に出会い、そこから
その猫ホーマーと同じく猫のスカーレット、ヴァシュティとともに生きて行く中で
彼女は色んな経験をし、素敵な大人になって自らの幸せをつかんでいく。

そのグウェンの原動力となったのが、どんな困難も乗り越えいつも元気で明るい
ホーマー。

なんとなく惹かれて借りましたがすっごく良かった☆☆☆

最初まだ24歳だったグウェンがだんだん大人になっていく姿が何となく同時代を
生きてきた自分と重なる部分がたくさんあって、人によってそれが動物を飼うこと
だったり、子どもを持つことだったり、仕事で人に影響を与えることだったり、、、
色々とステージは違っても感じることは似ているなあと思うことが本当にたくさん
あって、後半はもうすごい勢いで読んでしまいました。

私の場合は、YUYUがいる今と生まれてくるまでは別人のように違う。

YUYUが生まれたおかげでヨガにも繋がっていった。

本の最後の方で私の好きな部分があります。

 大人になるというのは必ずしも、結婚して子どもをもうけたり、ローンを組んだり
 することではない。
 大人になるとは、他者に対する責任を負うことーそして、その責任がもたらす
 大きな喜びを受けいれることだ。
 大人になって得られるもっとも実りのある喜びは、自分以外の誰かを中心に据えて
 生活を送ること、そして、他者の人生に対する責任を自らに課すことだ。


 そして、 ホーマーは、それをわたしに教えてくれた。と書かれている。

同意する方、しない方、当然色々あるでしょうが、私にはこの言葉がストンと入って
きました。

YUYUとの時間を削って少しでも多く稼ぐ。それがYUYUのためにもなるから。そう思って
レッスンも詰め込んできましたが、最近どんどんスローダウンしてます。ストレスかかって
YUYUと向き合えない時間が多くなると思うとゾッとするし、それは私の幸せではない。

人によってそのポイントって違うから、それを自分できっちり見極めていないと時間って
戻ってくれないから。後悔しないように。

昔の大半の昭和の母のように、自分はさておき子ども、ってことではない、それはまあ
無理だし。。でも、生活出来るだけ稼げたら後の余分を稼ぐよりYUYUを自分でみたい、
ってそう思うのです。

YUYUを中心にスケジュール考えたり色々しているのは、実はYUYUのことに責任を持つ
自分を私は好きなのでしょう。

それも、ホーマーと同じように「生きることを全身で表現してる」まぶしい息子の責任
だから余計なのかもしれない。

う~ん、長々と書きましたが本当に良かったですよ。

さて、今日は職場で先日のチャリティヨガで集まったお金やメッセージ入りガーゼタオルを
たくすCさんが私のレッスンに来てくれていました。

Cさんは私が寄付先を迷っていると色んなヒントを下さいました。その一つがコチラ。

とっておきの音楽祭

主催者がCさんのお友達で、今回は開催するか迷ったけどやってみることにしたので、
支援を募集している、とのことでした。バリアフリーの音楽祭、興味あります。

今回寄付金は1万円とちょっとですが、小さな団体なので充分役に立つ、と言って
下さいました。

Cさんは1.17希望の灯りでここのところ休みなしで活動されたいたようで、激務でやせて
おられました。でも頑張った成果は確実に出ているようで、その話を聞いて嬉しかったし
私たちのことも親身になって下さって、私も今後も頑張って続けてチャリティヨガやって
行こうと思いました。

Cさんは1.17希望の灯りタスキプロジェクトのブログも書かれているとのことでした。
興味のある方はウェブサイトに是非行ってみてください。

一所懸命人のためになって、今の自分が本当にやりたいことをやっている人、すごく
素敵です。まわりのはそんな方が多く、それも元気づけられます。
私もやるぞ~!

では、今日はこれで。
おやすみなさい。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊中情報へ





関連記事

Comment

ニュースで・・ 

ニュースで動物さんたちの団体の方がボランティアで、被災されている方の代わりに犬さんや猫さんの保護に行かれているのを見てたら、柴犬さんがいてその子も保護しようとしたら その子が遠吠えのように泣いてた・・。
その声がたまらなく悲しくて・・。 聞くと義援金ってそういう団体には回らないないんやて・・。 悲しいね~。 
今日は、泣いてばっかりや~
  • posted by まあです。 
  • URL 
  • 2011.04/16 00:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

tajami

Author:tajami
生まれも育ちも大阪豊中。7歳の日本カナダ人の息子YUYUと有り難いことに住み慣れた実家暮らし。'08年念願のヨガインストラクターに転職し、みなさんのおかげで毎日平和に暮らしています♪

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。